賢い保管方法(その1)「ビニールカバーの目的」 |スパークル|岐阜

公式スパークルお得情報

media

賢い保管方法(その1)「ビニールカバーの目的」

賢い保管方法(その1)「ビニールカバーの目的」

唐突ですが、仕上がり品に被せてあるビニールカバーのお話しです。

あのビニールカバーの目的は、工場 → 店舗 → お客様の手元に届くまでの間、ホコリキズから衣服を守ることです。
でも、あのまま家のタンスの中に入れてしまうお客様も少なくありません。
せっかく付けてくれているビニールを外すのは勿体ないとか、タンスの中のホコリから守ってくれるだろうとか、どれをクリーニングに出したかが分かる様にする為に外さないとか…

では、ビニールカバーを被せたままタンスに入れておくと、どうなるでしょうか?

◎工場からお客様に届くまでの間に、カバーに付いた害虫やホコリをタンスの中に招き入れてるのかも知れません。
◎通気性がないから、カバーの中で湿気と熱がたまった状態になります。
◎それが原因によるカビや黄ばみが発生する可能性が高まります。

こんな例えもあります。
あのビニールカバーは、子供で言えば帰宅途中の雨風や砂ぼこりから身を守るレインコートの様なもの。
無事に子供が帰宅できても、玄関で脱がさないで、そのまま布団の中に入って寝かせることと同じです。
こう考えると、あのビニールカバー、玄関ですぐに取り外してあげたくなりますよね?

TOP